法定福利

福利厚生は法定福利というものもあります。健康保険や介護保険等の社会保険の保険料で、企業の負担の平均額は7万8948円と言われています。法定福利費は、法律で決められているのでどこも大体同じくらいです。

Read more...

産業別で比較する

産業別で福利厚生を見た場合、電力が圧倒的に高待遇のようです。次に新聞・放送という業界になっています。産業によって、福利厚生は大きく違ってきています。産業だけで選ぶことは出来ませんが、しっかりした所を選ぶのが大切です。

Read more...

近年の傾向

福利厚生は、予算削減の波を受けて多くの費用を当てるのが難しい状態です。しかしながら、近年メンタルヘルス対策や社員同士のコミュニケーションをはかるための福利厚生を利用している所もあります。

Read more...

現在の状況

自身の可能性を高めるためにもランドマークで研修を受けましょう。ネガティブ思考から180度逆転してポジティブな頭になります!

企業で働いている人にとって、福利厚生は大切な項目です。
そもそも福利厚生は、企業や団体、法人等が従業員個人や家族に対してサポートを行うものです。具体的には、交通費の支給・社宅完備・健康診断の実施・育児支援・保養施設などがあります。
以前は企業が自社の社宅や寮、保養所をもって居る所も多く、自社で制度運営を行っていました。
終身雇用が前提にあり、福利厚生に力を入れていた企業も多かったのです。
しかし、近年終身雇用の崩壊により、予算も縮小し、外注化するという流れが多く見られます。

福利厚生は人材確保と人材活用という面が目的です。
ハコモノというのは、社宅や保養所等のレクリエーション施設、運動施設、給食施設といったものです。
会社で所有しているところもあり、高度成長期にはこれらが主流でした。
しかし、近年では予算が縮小される傾向があり、財産形成や生活保障と言った面で抑制されはじめています。
今は「育児・介護」「健康・医療」「能力開発」という分野に注力することが多いようです。

福利厚生は人材確保と人材活用という面が目的です。
他社より魅力的な制度があれば、武器にすることができます。中途採用や新卒者に向けて大きく会社をアピールすることができます。
また、制度が働きやすさにつながり、人材の安定を図ることができます。
賃金への上乗せとも考えられ、大きなメリットです。
また、人が活力を持って働くためには、「働きがい」や「報酬」以外にワーク・ライフ・バランスが重要になります。
ワーク・ライフ・バランスというものは近年注目されているもので、プライベートと仕事が調和するということです。
これらの環境を整えることで、働くことへの支援になり、仕事を長く続けていくことができます。長く仕事を続けるにあたり、ワーク・ライフ・バランスは大切なものなのです。
仕事以外の生活面も含めた環境整備が求められています。

注目の記事


オススメリンク