近年の傾向

近年、企業内では従業員のニーズに応じて様々な福利厚生が誕生しています。
特に今ではカフェテリアプランという方法で福利厚生を行なう企業が多くあります。
このカフェテリアプランとは、企業が従業員に対してかける福利厚生費をポイントという形で支給し、そのポイントを従業員の好きな福利厚生に使用するといった方法です。
企業がどんなに魅力的な福利厚生を打ち出していても使う人は使うし使わない人は使わないといったニーズの違いがうまれます。
その個々のニーズに対応できるとされるカフェテリアプランでは、住宅をはじめとして、医療や介護、育児休暇やレク活動費、自己啓発や生活援助など様々な分類で福利厚生が提供されています。
カフェテリアプランによってより個々の従業員が満足いく福利厚生を受けることが可能になっています。

最近では企業独自のユニークな福利厚生を用意して、人事採用や従業員の安定勤続に繋げているところが多くあります。
特にベンチャー企業ではユニークな福利厚生を取り入れているところが多く、愛する人の誕生日などに有給が取得できるLOVE休暇や、失恋した時にとる失恋休暇などを行なっている企業もあります。
また、会社に通ううちにうつ病になった、企業成績に対するストレスなどに対して従業員が抱える心の悩みを解消するメンタルヘルスに力をいれているところもあります。
ただ、これらの制作は導入後に必ず検証が行なわれます。導入してみたのはいいものの、ユニークなだけで誰も利用しない、この福利厚生によって企業がどのように成長したか、といった検証を行なう必要があります。
このように、企業経営同様に、福利厚生も計画、実行、確認を細かく行なうことによって企業も従業員も安定した成果が出せるといえます。